日本語/ENGLISH

2013年、当時3人が活動の拠点にしていたニューヨークにて結成されたギタートリオ。吉田孟(g)、山田吉輝(b)、桃井裕範(ds)の各々がセッションプレイヤーとしてジャズを中心としながら様々なスタイルで演奏活動をしていた中で意気投合、バンド結成に至る。

3人に共通のバックグラウンドであるジャズからの即興演奏を主体にするが、そのバンドサウンドはポストロック、オルタナティヴからの影響も強く受け、トリオの編成でありながらフルバンドのような音圧とダイナミクスで圧倒的な演奏をする。

2013年、ブルックリンでレコーディングを行ったファーストアルバム“CuE”をリリース。各方面から好評を得るとともに、2013年、2014年には東京、名古屋、大阪を中心とした “CuE Japan Tour”を敢行する。

バンドメンバー全員が作曲をし、今までにないサウンドを常に追及し続けるコンテンポラリーギタートリオとして、日本のみならず世界各地で活動を続けている。

 

CuE is an instrumental guitar trio formed by Hajime Yoshida (g), Yoshiki Yamada (b), and Hironori Momoi (ds) in New York, 2013.

While the band members were working as sidemen in various styles of music, Hajime Yoshida released his own record “Unlimitation” from Armored Records, a drummer of the band, Hironori Momoi released his leader album “Liquid Knots” from Onaka Cube Music in 2013.

Even though music of CuE is based on improvisational music, and it is in the form of a common contemporary guitar trio, the music is in various styles such as rock and pops to look for the sound people never heard.

In the fall of 2013, CuE released their first album “CuE" from Onaka Cube Music.

In both 2013 and 2014, CuE have toured Japan, locations including venues in Tokyo, Nagoya, and Osaka.

CuE has performed with Japanese cutting edge players including Akihiro Nishiguchi (ts), Ryosuke Hashizume (ts), Miki Hirose (tp), Akihiro Yoshimoto (ts), Yuzumi Tanimukai (vo), CuE is not limiting their format as a guitar trio, but always looking for expanding new sound.

In 2014, CuE was featured in a Japanese radio station, “Feeling of Jazz ~ Live around Tokyo~”