山田 吉輝/ Yoshiki Yamada

 1984年生まれ。名古屋市出身。 ピアノ講師である母の影響で、幼少より様々な音楽に触れる。 14歳でエレクトリックベースを弾き始める。 高校卒業後、甲陽音楽学院神戸校に入学し、アコースティックベースを上山崎初 美氏、エレクトリックベースを福栄宏之氏に師事。 また同校にて音楽理論や即興演奏についても学ぶ。同校在学中より神戸、大阪を 中心にプロとして演奏活動を行う。

20061月より奨学金を得てバークリー音楽大学に入学。同校でJoe LovanoGeorge GarzoneHal CrookMatthew GarrisonDavid Clark らに師事。 200812月に同校の作編曲科を卒業。その後ボストンを中心に様々なライブやレコーディングに参加する。

20095月にサックス奏者平山満のバンド『Saxolin』のメンバーとしてハンガリーの国際ジャズコンペティションに出場し、3位に入賞する。 また、10月にはピアノ奏者大林武司とドラム奏者石若駿とともに横浜ジャズプロムナードでのジャズコンペティションに出場し、横浜市民賞と吉田町ジャズ& アート賞を受賞。

2010年より活動拠点をニューヨークに移す。 2010年夏に行われたアルトサックス奏者寺久保エレナのNorth Birdツアー へ参加する。

20116Miles' Cafeにて行われたJ-Popシンガー清貴のニューヨーク初 の単独ライブをサポートし、以後サポートメンバーとしてスティービー・ワンダーなどが出演していたニューヨークの老舗ライブハウス『Bitter End』やJohn MayerJay-Zなどが出演していた『Canal Room』などで定期的に演奏する。

20126月、ドラム奏者Christian Moran率いる『MCL Quartet』の1stスタジオアルバム『Modern Rhythmic Usage』のレコーディングにおいてグラミー賞受賞クラリネット奏者Richard Stoltzman、同じくグラミー賞受賞ベーシストEddie GomezPaul SimonYo Yo Maらとの共演で知られるパーカッショニストJamey Haddadらと共演する。

現在はニューヨークを拠点にジャンルを問わずに様々なアーティストと共演して いる。

共演アーティスト(敬称略):Eddie GomezRichard StoltzmanJamey HaddadAlex Han (Marcus Millerなど)Corey Fonville (Christian Macbrideなど)Collin Stranahan (Kurt Rosenwinkelなど) Casmir Liberski Manami Morita、寺久保エレナ、森山威男、川嶋哲郎、大林武司、 石若駿、清貴(Ki-Yo)

 

 Yoshiki Yamada was born in Nagoya Japan in 1984. He began playing the electric bass at age 14. At age 18, he began to play acoustic bass and studied at Koyo Conservatory in Kobe. He studied a lot of  skills of electric and acoustic bass. He also studied music theory and composition techniques. In 2006, he won scholarship and entered Berklee College of Music. While in there, he studied and playing with Joe Lovano, George Garzone, Hal Crook, Greg Osby, David Clark, David Santro, Scott Free, Greg Hopkins and so on. He graduated from Berklee in December 2008 in Jazz Composition major.